先日行われた1期第11回授業レポートです。

今回は、

  • Vue Nativeによるスマホアプリ制作
  • JavaScriptで3DやVRが作れるA-Frame制作
  • Oculus QuestによるA-Frame AR体験
  • HoloLensによるMixed Reality体験

という盛りだくさん内容で行いました。

そう。気持ちを高めています。(授業で成功させるために、めっちゃ検証している図)

この投稿をInstagramで見る

今日はスマホアプリ作ってみる会 #protoout

n0bisukeさん(@n0bisuke)がシェアした投稿 -

こちらは、もともと以前の授業で、Vue.jsをインプットし、ElectronとVueでデスクトップアプリが作れるvue-cli-plugin-electron-builderの流れからつながっているものです。

まず、Vue Nativeです。基本的なインストールからExpoアプリで表示しました。さらに、文言を変更したものがすぐ更新されることを体験することで、スマホアプリ開発の流れを考えてみたりと、少しでも自分の範囲よりも一歩先の技術分野を触れることによって企画力を高めたりする世界観をお伝えしました。

その他にもスマホアプリのクロスプラットフォームアプリの今までの流れだったり、WEBの知見をうまく活かすことによってプロトタイプのスピード感にも合うかもしれないことも加えました。

続いて、A-FrameというJavaScriptでVR機器とも親和性の高い3D技術の話。もちろんUnityというツールの作りやすさも対案としては話しつつも、HTML DOM的なアプローチで3Dを組みことができたり、JavaScriptのインタラクションも加えやすいといったポテンシャルを実際にコードを書きながら手を動かしてインプットしました。

JavaScriptとも親和性が高いので、JavaScriptでIoTができるobnizともドッキングできます。

こちらも、生徒のobnizを持ってきてもらって、実際にコードを動かして体験してもらいました。3DとIoT一見すると、遠い技術のように見えますが、やはり動くものを体験できると親近感が湧き発想が自由になっているようでした。

この投稿をInstagramで見る

VR MR実装&体験 わちゃわちゃしだしてて楽しいぞ 笑 #protoout

n0bisukeさん(@n0bisuke)がシェアした投稿 -

ほんと楽しいわちゃわちゃですね笑

ここからが真骨頂。A-Frameの360° Imageのサンプルを、実際に、私のOculus Questで表示させてVR的な360ビューで、生徒全員が実体験をしました。JavaScriptで技術として3DやVRでも地続きという感覚があると、発想がスムーズに広がっていくことになるのでProtoOut Studioでは、このあたりの感覚を大切にしています。

さらに、VRの次はMixed Realityということで、こちらもHoloLens1を生徒全員が体験しました。この部分は、HoloLens1開発についてディスカッションをしている生徒の持参してもらったHoloLens1とともに2台体制で臨めたので、とてもスムーズに体験できました。

ということで技術要素でみればかなり濃密なインプットになりましたが、楽しい発想ができる3DやVRやスマホアプリというフィールドでもJavaScriptがうまく絡んで触れることが出来るというコンセプトを大事にしつつ、なんとかお伝えすることが出来ました。