Node.jsでobniz スイッチからFirebase Realtime Databaseにデータを保存してみます。

準備

前回の記事、

Firebase Realtime DatabaseをNode.jsから動かしてみよう

こちらを済ませた firebase フォルダの中で進めます。

Firebaseにobnizのスイッチ動作を保存する

Firebaseにobnizのスイッチ動作を保存します。

ます、firebase_obniz_switch.js というファイルに以下のソースをコピペします。

前回の記事と同じように、必要な設定を修正します。

  • サービスアカウント鍵を生成しserviceAccountKey.jsonでリネームしてfirebaseフォルダ直下に配置
  • Realtime DatabaseのページでdatabaseURLを確認して反映
var admin = require("firebase-admin");

// 1. サービスアカウント鍵を生成しserviceAccountKey.jsonでリネームしてfirebaseフォルダ直下に配置
var serviceAccount = require("./serviceAccountKey.json");

admin.initializeApp({
    credential: admin.credential.cert(serviceAccount),
    // 2. Realtime DatabaseのページでdatabaseURLを確認して反映
    databaseURL: "https://<databaseURL>.firebaseio.com"
});

var db = admin.database();
// protoout/studio/obnizに保存すると決める
var ref = db.ref("protoout/studio/obniz");
// さらにsensorにぶらさげる
var sensorRef = ref.child("sensor");
ref.on("value", function (snapshot) {
    console.log("value Changed!!!");
    console.log(snapshot.val());
    },
    function (errorObject) {
        console.log("failed: " + errorObject.code);
    }
);

// obnizの処理
var Obniz = require("obniz");
var obniz = new Obniz("Obniz_ID");
obniz.onconnect = async function () {
    obniz.display.clear();
    obniz.display.print("Firebase - Obniz Switch");
    obniz.switch.onchange = function (state) {
        obniz.display.clear();
        obniz.display.print("state : " + state);
        // スイッチを押した情報が送られる
        sensorRef.set({
            "type":"switch",
            "state":state
        });
    }
}

あとは、obnizの処理をさせるために、

var obniz = new Obniz("Obniz_ID");

を、動かしたいobniz IDを反映します。

動かしてみる

実際に動かしてみます。

node firebase_obniz_switch.js

2019-08-25_02h49_08.jpg

スイッチを動かしてみます。

image.png

実行中のターミナルでは、リアルタイムにデータが送られていることが分かります。

gif_001.gif

FirebaseコンソールのRealtime Databaseのページに戻ると、データツリーでもデータの変化がすぐに行われていることが確認できます。

obniz クラウドで動かしたいときは

今回はNode.jsで動かす方法をお伝えしました。obniz クラウドで動かしたいときは以下の記事、

obnizでFirebaseと連携するメモ – 1ft-seabass.jp.MEMO

を参考にすると良いでしょう。