拾得物管理簿プロジェクト

制作物の紹介

この制作物は、拾得物管理簿をデジタル化したものです。
スーパーマーケットに勤めているキイロですが、お客さまのお買い上げ商品を拾得した際に
記入するお買い上げ商品拾得物管理簿をデジタルツール「Glide」を使用して作成しました。
GlideはGoogleスプレッドシートに紐づけすることができるので、データとして閲覧することが可能です。
 

なぜ作成したいと思ったのか

キイロの仕事上、資料をチェックすることがあるのですが、店舗を巡回することが多いため「いつでも・どこでも」その該当の場所に行くことができないことが多いです。
そのため、データでチェックできるように「いつでも・どこでも」チェックすることができるように
お買い上げ商品拾得物管理簿をGlideで作成しました。
これによって、店舗では店舗のパソコンで入力。チェックを行う私は自身のパソコンで、
チェックすることが可能になりました。
項目のほとんどは入力するのみで完了しますが、お客さまサイン欄だけは手書きで行わなければならない項目であったため、PDF化しデータ保存する方法にしました。
こんな感じでチェックすることができます。
 

制作してみて

実用までいかなくとも、さまざまなものをつくってみる、提案してみることによって業務改善できることはたくさんあると感じました。
今回は拾得物管理簿のお買い上げ商品というとても小さなところに視点を置き作成してみましたが、デジタル化することによって改善していくことはほかにもあると思います。
業務1つ1つに意味はあるとおもいますが、その方法でなければならないのか、改善できることはないのかを普段の生活のなかでも考えながら業務をしていきたいと思います。